Skip to main content

4,800キロ旅する蝶々が泊まるスティーブンス邸 in インディアンスプリングス アラバマ州 |ハースストーンホーム

2024年06月11日 - 事例紹介

米国アラバマ州シェルビー郡インディアンスプリングス ビレッジに建てられたダブテイルログハウス

The Stephens Home – Indian Springs Village, AL

アパラチア山脈の豊富な石炭や鉄鉱石を利用した鉄鋼都市として栄えたアラバマ州北中部にある都市、バーミングハム。その都市圏にある人口約2,500人が暮らす田舎町のインディアン・スプリングス・ビレッジに建てられたダブテイルログハウスを紹介いたします。

1990年代後半に建てられたこのログハウスは、平屋タイプのボブ・ティンバーレイク仕様のダブテイルログハウスで、相続した娘のアリソン・スティーブンス氏によって癒しと再生の場所として生まれ変わりました。

アリソン氏は、約4ヘクタールの敷地に北アメリカでは渡り鳥のように移動するチョウ「オカバマダラ」の中継地を作るため、餌となる多年草のトウワタを沢山植えたガーデンを造りました。

「屋根付きの橋を車で渡ると、特別な場所に入っていくような気分になります」とアリソン氏は言います。「全てに近い場所にありながらも、素晴らしい休養の場でもあります。ここに住むことは、例えるならば自然に囲まれた繭の中にいるような感覚です。」

本プロジェクトについては、【ハースストーンホーム】までお問い合わせ下さい。

タグ:

By | 2024年06月11日

  • LINEで送る
  • Twitterで送る

その他の関連記事